白米に混ぜて召し上がる面にしました

2016y11m28d_121526495
産後のウェイト加算で悩んでいました。そんなとき、TVで『抱え麦』を見ました。人体に良く減量作用もあると言うことで、サッと試してみる面にしました。

抱え麦は初めて聞いたので、お店をめぐって探してみると余分高がないので、白米に混ぜて召し上がる面にしました。

私の場合は、1合に白米って抱え麦を5:5の割合で入れます。お水は通常より少々多めに入れました。
食べた感じは、ぷちぷちとする舌触りのある食べごたえだ。美味しく食べられます。
減量効果を期待していたので、副食を減らした当たり、抱え麦飯にしらすや梅干しなどを乗せてもち麦に飽きがこないようにしました。
しらすはカルシウムが摂れますし、梅干しは発酵食物なので、人体にも良いです。
事後麦飯が残ってしまった時には、冷凍を通しておきます。エリアで解凍しても、やんわりして上手く食べられました。

抱え麦を食べ始めてから、何だか便秘が治りました。
そうして2週後々くらいに、なかなか胃腸見回りがちょいすっきりしてきたような気がしたので、ウェイトを量ってみました。そうなると1.5移動減っていたのです。

2週で1.5移動は想像していなかったので、驚きました。
体重の減少にやる気が出て、しばし続けようと思いました。
新たに抱え麦を購入したのですが、抱え麦にもいくつか品種があるようで、わずか茶色い感じのものを購入しました。

食感もテーストも、とくに変わらず美味しく食べられたので、私は抱え麦ならどのファブリックも品種もめったに変化は感じられないので、マイナスなかったです。

一月後はUP0.5移動減で、2移動の減量に成功。
3カ月後は誠に4移動減りました。

体重が減るといった、人体も軽くなるので行動力もアップして、家屋の保守や些細なことでもはたらくようになりました。

その結果、半年で6移動の減量に成功だ。
6移動やせると見た目にも判るので、それぞれからも痩せたね、と言われるようになりました。
抱え麦は人体にもいいし、減量作用、そして簡単に楽なので、おススメしたいと思います。廃車買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です