少々我慢が必要な事もあり

これから14歳になるメスの柴犬「りん」という暮らしています。人間のジェネレーションに換算すれば70代というところでしょうか。我家にとってはついに迎えた犬で、思い付か案件ばかりの心配りを、ニュースや柴犬を飼ってしらっしゃるみなさんのウェブログなどを参考にして、懸命にやってきました。

今日でこそ足腰が弱まりウォーキングの距離も時間も少なくなりましたが、健在満杯若犬時代のりんは、分の運動量で身を鍛えてくれました。日本犬と暮すお客様ならお分かりかと思いますが、降雨のお天道様も風のお天道様も、気候が悪賢いからと言って犬陣はウォーキングをやめるはしてくれません。

ダディーが職で拘束されるタイミングが長い結果、日々のケアやウォーキングは殆どは身が担当することになります。という事で、飼い主としても犬の提言にこたえるべく、健康なボディを維持しなければならないのです。

身はお陰さまで、なかなか健康には恵まれています。普通噛みしめることと言ったら、正しい生活をする態度ほどだ。但しそうは言っても、14階層の間には色々なことが有りました。

身が肺炎で通院ケアをしたり、りんに咬まれたために、片手しか自由が利かなかったり。少々の発熱程度は、気分で乗り切りました。いかに悪天候も、一日に3~4回のウォーキングを愛犬と共に14階層辺りもこなしてきたのです。ただしどうにもならなかった事態が2回あります。

一つはりんの避妊オペレーションでアニマルクリニックに一泊させた場合、そして次は、自分が5日間の入院をした場合だ。犬という生活する中で、人間引き取り手はたくさんの幸せな機嫌をさせてもらっています。但し、命を預かるという事で、少々我慢が必要な事もあります。

なかでもウォーキングの為には長時間を費やし、時々状況を変遷せざるを得ない場合もあります。フランク、りんが居ないお天道様はコンビニエンスができるとしていたのです。ただしじつは変わりました。コンビニエンスどころか、そのカタチがない事が辛くて仕方ないのです。ふたたび犬と共に過ごすについての意図を考えさせられました。

犬の寿命は少ないだ。りんと共にいられる時間は、それだけ長くはないでしょう。これまでの心配りのほかに、介護も現れるかもしれません。たくさんのハピネスをもたらしてくれた引き取り手の一員結果、精一杯のことをしてあげたいというのが今の正直な気持ちです。そのためのスタミナと健康なボディをそれでは身が維持しなければと思います。これからも正しい生活って気分で頑張っていきます。http://xn--qckyd9bc.xn--tckwe/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です